飲食転職なび HOME > お役立ちコンテンツ > 各業界のお仕事内容

お役立ちコンテンツ

各業界のお仕事内容

  • ホール

    来店されているお客様のオーダーを伺い、料理の配膳をします。
    お客様に気持ちよくお食事をしてもらえるように、心配り・コミュニケーション能力・笑顔も必要です。

  • 店長・マネージャー

    年間の予算・売上目標を達成できるように、施策を考え実行致します。
    また係数管理も重要な業務になります。(人件費、機材、備品類などお金の管理)
    お客様とのトラブル・クレームなどがあった場合、率先して対応する立場になりますので経験が問われます。

  • キッチン

    調理がメインのお仕事になります。
    仕込み、盛り付けを先輩から教えてもらい、経験を積んでセクションリーダー、のちに料理長へとステップアップしていきます。
    ポジションの呼び名は業態によって異なりますが、洋食なら前菜・メイン・フライヤー担当・和食なら焼場・揚場・向板・煮方等、どこかのポジションに特化して業務を行います。

  • 料理長

    店舗の料理責任者です。キッチンスタッフが調理した料理の盛り付けをチェックしたり、仕込みの味付け、仕入れ業者との食材交渉など業務は多岐にわたります。
    食中毒事件を起こさせない体制つくりも料理長の大きな責任になります。
    責任ばかりの仕事かもしれませんが「自分色の料理」を提供できるポジションなので当然やりがいはあります。

  • バーテンダー

    リキュールとジュースなどを組み合わせて、カクテルを提供するスペシャリストです。
    バーテンダーの世界にも「独創性」「味」「シャーカーの振り方」などで世界一をきめる大会もあります。

  • パティシエ

    正式にはフランス語で菓子製造人を意味する名詞の男性形。女性形はパティシエールといいます。
    国内ではパティシエという言葉は、男性、女性の区別なく菓子職人のことを指すことが多いです。
    デザートを作る専門職になりますが、洋菓子、和菓子、スイーツなど幅が広く捉われるようになってきています。

  • 店舗開発

    出店する際、出店場所の物件調査から店舗オープンまでの業務を担当します。
    業態を考慮し、候補地をピックアップ。競合店、人口、住民層…といった商圏の市場調査を行います。
    立地が決まれば、店舗デザイナー・施工業者との折衝や、什器手配などOPENまでのあらゆる業務を取り仕切ります。

飲食開業なび
アパレル転職なび 公式Facebook
飲食転職Navi 公式Facebook
模擬面接のご案内
キャリア相談会